当ショップのマスクはウィルス感染を完全に防ぐ効果はありません。
咳やくしゃみなどの飛沫防止やエチケットを目的としたファッションマスクです。

MaskManJapan


もはやマスクは表現メディアです

顔の半分を覆うマスクは、自分の個性を伝えるメッセージメディア
鬱陶しいマスクを着用することが楽しくなるような“新しいマスクのカタチ”を創造します

―マスクで伝える マスクが伝える 自分らしさとメッセージ―

人が人を認識するときには まず顔を見ます
その顔の約半分を覆い隠しているマスク
その視認性は極めて高いものです

また 私たちは顔の表情によってかなり多くの情報を読みとっています
表情の半分が隠れている状態でのコミュニケーションを円滑にするツールとしていち早く、そして多くの人に個性や思いを伝達できるメディア(媒体)だと考えます

▼MaskManJapan では、異なる2つのブランドの新発想マスクを企画・製造・販売しています。

和心=リメイク着物マスク
伝心=思いをつたえマスク

―リメイク着物マスク《和心ブランド》―
着物ならではの優美で華やかな図柄を大胆に切り取り、顔をパッと明るくするマスクです

~着物は記憶~
晴れの日や特別な日などに着用される着物は、着ていた人の思いや記憶が詰まった大切なもの。その大切な着物の記憶を丁寧に紡ぎ直し、マスクとして“新しい人”に“新しいカタチ”で使われることによって、着物としての息吹を吹き返し「リメイク着物マスク」として生まれ変わります

―つたえマスク《伝心ブランド》―
マスクの表面をメッセージ媒体と考え、アイコンや文字、ロゴ、イラストなどをプリントします
アイコンシリーズでは、口に出してはっきり言いたいけれど、ちょっと言いづらいこと、思っているけれども、伝えづらいこと、話さなくても感じ取ってもらいたいことなどをアイコンで伝えることができるアイテムです

▼日本製にこだわった“Japan Fukushima Made”

和心ブランド・伝心ブランドのマスクは、すべて福島県いわき市で作られている安心の日本製
リメイク着物マスクは、デザイナーが図柄を選定し、地元いわきの縫製職人たちが一点ずつ心を込めて丁寧に作っています
いわき市の着物リメイクショップ「Rin」さんのご協力により、当店で企画販売しています

Access アクセス

商品を直接販売する実店舗ではありません。